2009年12月19日

ニューヨーク:New York CityPass

New_York_City_Pass_Mirror_1245691621



ニューヨーク観光の必需品、New York City Pass


ニューヨークでは色々な美術館を見たいと考えて計画を立ててる時に発見した
New York City Pass

MoMA、グッゲンハイム博物館、メトロポリタン美術館、エンパイアステートビル展望台、アメリカ自然史博物館、観光クルーズのメジャーな6スポットの入場券が一冊になって、総額140ドルの入場券が79ドルに割引されるお得なチケットだ。webから購入可能なので出発前に日本で購入。この時点では単純に割安というのが購入動機だったのだが、
New York City Pass
の本当の価値はそこではなかった。
各スポットの一般入場口は、どこもかしこも午前中の早い時間であっても長蛇の列。さすが世界的観光地だなあと思い知らされるが、
New York City Pass
を持っていると専用のチケット引き換え口があり、そこでスムーズにチケットとをゲットできる。列に並ぶ時間を、館内の鑑賞に使えるので時間を有効に使えます。

利用可能スポット
・MoMA
・グッゲンハイム博物館
・メトロポリタン美術館
・エンパイアステートビル展望台
・アメリカ自然史博物館
・「自由の女神像 (Statue of Liberty) およびエリス島移民博物館 (Ellis Island Immigration Museum) を巡るスタチュークルーズ」か、「サークルライン・観光クルーズ (Circle Line Sightseeing Cruises)」を選択できます。
もしくは+4ドルでマンハッタン島の一周3時間クルーズにアップグレード可能、我々はアップグレードしました。自由の女神の近くを通った後、進路を北に向けてブルックリンブリッジ、国連本部などを眺めるクルーズ。さらにはブロンクス地区のヤンキースタジアムやハドソン川の紅葉なども堪能できておもしろかったです。
セントラルパークよりも北の方は治安が良くないとも言われてるので、あまり行く機会が無いのですけど、船の上だったら安全ですよね。しかも椅子に座っているだけで色々な風景が次々にやってくるので楽です。

メジャーなスポットを網羅してますし、長時間並ぶ必要も無いし、特に初めてニューヨーク観光する人に取っては必須のチケットだと思います。
web
から出発前に購入しておき、購入証明をプリントしておけば、優先入場口で引き換え可能なので、一度も列に並ぶこと無く観光のスタートが切れますよ。





New York City Pass:総額140ドルの入場券が79ドルに割引されるお得なチケット/しかも優先入場。
MoMA、グッゲンハイム博物館、メトロポリタン美術館、エンパイアステートビル展望台、アメリカ自然史博物館、自由の女神像エリス島移民博物館スタチュークルーズ/サークルライン観光クルーズ。
優先入場口があるので、チケット売り場の長蛇の列に並ぶ事も無く入場でき、時間を有効に使えます。出発前に日本でwebサイトから購入しておくと、優先入場口で取り置き可能。長い行列には一度も遭遇せずにニューヨークの観光を始める事が可能です。購入の際にはこちらをクリックしてください。




Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by twenty-four at 02:36| 日記

2009年11月06日

ニューヨーク:H&M

HandM


レキシントンアヴェニューのH&M。こちらがガラガラでした。50%OFFセールのコートを購入。



Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/



posted by twenty-four at 08:58| 日記

2009年08月21日

Invisible Bookshelf

367d151b.jpg見た目的にはなかなかスマートでいい感じ。
「Invisible Bookshelf」は、本棚です。
でも見えません。写真のように、壁に取り付けた本体に本を積んでいくと、すぐに本棚が見えなくなってしまうという、そういうデザインなんです。
気になるお値段は、ThinkGeekにて12.99ドルです。地震の心配さえなければねー。
http://www.thinkgeek.com/homeoffice/gear/9bf4?cpg=cj

重力をすっとばしたような感覚が秀逸。もしくはカメラと一緒に回転する部屋で壁や天井に張り付く映像的な。最初の一冊をしおりのように挟む所とか構造も興味深い。部屋中につけてみたいけどさすがに壁が落ちるかなあ。
posted by twenty-four at 06:19| 日記

ダライアス

42727ac6.jpg知り合いと飲んでて「新宿にレトロなゲームばかり置いてるゲーセンがある」と聞き、飲みを中断してわざわざ新宿まで向かう。

新宿ゲーセン・ミカド
http://mi-ka-do.net/

●置いてあるゲーム(一部抜粋)
アウトラン(純正可動SD筐体)
ダライアス〜OLD ver〜(19インチ純正3画面)
アフターバーナーII(ミニアップライト筐体)
ガントレット(スイング筐体:4人同時プレイ可)
グラディウス
ファンタジーゾーン
R-TYPE
沙羅曼蛇SP
ゼビウス
クレイジークライマー
ドンキーコング(テーブル筐体)
アルカノイド(テーブル筐体)
ペンゴ(テーブル筐体)
アルゴスの戦士
マリオブラザーズ
Mr.Do!

という半端ないラインナップ。中学高校時代にタイムスリップしたかのような感覚です。

せっかくなのでR-TYPEとアフターバーナーとダライアスをやってみる。ゲームのルールやらなんやらは全く覚えてないのだけれど、体はかすかに覚えていて敵に合わせて勝手に体が動いて行く。懐かしくてとても新鮮。


グラディウスの制作年は1985年。22年前ですか。この場所を教えてくれた友人(グラディウス一周をノーミスクリアw)と知り合う遥か昔、遠く離れた場所で同じゲームをしていたということ。
我々よりもっと古い世代で言えば、例えば浅間山荘事件をテレビで見たとか、アポロの着陸のニュースを聞いたとか、東京オリンピックとか、関西であれば大阪万博に行ったとか。そういう共通時代認識と同等の感覚を共有できた夜でした。
posted by twenty-four at 06:19| 日記

2009年01月22日

目黒シネマ二本立て

7031d329.jpg目黒駅前にある映画館。
http://www.okura-movie.co.jp/meguro_cinema/index.html
一時期はこのまえを通って通勤してたので、
上映が終わった微妙な時期の映画を放映している事は知っていた。

今日ラジオに出てた木村カエラが、気になる場所かなにかでここを挙げていて、
「パコと魔法の絵本」と
「デトロイト・メタル・シティ」の二本立てとかやってんすよ!
と熱く語っていた。
ちなみにカエラもまだ行った事が無いらしい。

対象の見えないこのマッチングのセンスは素晴らしいなあ。
なにげに住んでる所から最も近い映画館だし、
今度行ってみよう。

1月17日(土) 〜 1月30日(金)の上映は
グーグーだって猫であると百万円と苦虫女

※映画の日(毎月1日は、1,000円均一)

割引券をプリントして行くと、
一般 1,500円 → 1,300円 学生 1,200円 → 1,000円



http://media.excite.co.jp/book/daily/tuesday/015/
そんな目黒シネマのロビーで、気になる「本棚」を発見。
いや、正確には「本の表紙棚」だろうか。ケースに入った本の表紙のコピーが、
透明のラックにきれいに並んでいて、その上に
「目黒シネマ図書サービス」の文字。実はこれ、映画館が映画の本を貸し出すという、
ちょっとめずらしいサービスなのである。

上映中の作品以外のパンフレットを販売している。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by twenty-four at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記